基礎代謝と体脂肪の関係性とは?

「体脂肪を減らす為には、まず基礎代謝を上げる事から始めましょう」なんて言葉、耳にした事はありませんか。確かに、この基礎代謝を上げると脂肪はどんどん減ってくれます。それでは、この基礎代謝と体脂肪との間には一体どんな関係性があるのでしょう。

まず、基礎代謝ですが、これは生命を維持していく上で必要なエネルギーの事です。具体的には、心臓を動かす為や、一定の体温を保つ為に使われているエネルギーですね。この体を動かしていなくても必ず消費されている基礎代謝の量が多い人程、脂肪がつきにくい人と言えるのです。

その理由として、基礎代謝の量が多ければ、それだけエネルギーを消費する事になり、余計なエネルギーを体に溜める事がありません。常にエネルギーを放出している状態ですので脂肪が増えず、結果として体脂肪も少なくなると言う訳です。基礎代謝の量は人によってバラバラで、筋肉量の多い人ほど基礎代謝が高いと言われています。なので、体脂肪を減らす為に基礎代謝を上げるには、筋肉の量を増やす事が一番の近道となるでしょう。

また、体脂肪を減らそうと無理なダイエットをしていると、反対に基礎代謝を低下させてしまう事になるので注意が必要です。体内に取り込まれるエネルギーの量が少ない場合、人の体は筋肉をエネルギーに変化させる事で対応しようとします。すると、当然、筋肉の量が減っていき、それに伴って生命を維持していく上で消費されるエネルギーの基礎代謝の量も低下するので、太りやすい体となってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です